image116

私たちの研究の根底には
次世代の認知行動療法の一種で関係フレーム理論に基づいたやり方や、
ミルトン・エリクソンを源流とするブリーフセラピーをもとに、苦しみや悩みから抜け出し、
活き活きとした人生を歩むということをテーマとしています。

そのためにコア・スキル(中心的技法)としてマインドフルネスを利用しています。

【新規会員募集】

どのようにして悩み苦しみから抜け出すのかを心理学の立場から一緒に学ぼうと、
現在、新規会員を募集しています。

http://v-d-s.net/

———————————————————-

もし、あなたが人前で話すことがとても苦手、というよりとても怖いという気持ちを持っていたとします。
ある日、学校あるいは会社で、1週間後に大人数の前でプレゼンをすることになってしまいました。

さあ、大変!!

毎日毎日、

失敗したらどうしよう
震えてしまったらどうしよう
頭が真っ白になってしまったらどうしよう
声が出なくなったらどうしよう
変なこと言ったしまったらどうしよう
気を失ってしまったらどうしよう

そんなことばかり考えます。

そして、そんな気持ちをなくそうと感情をコントロールしたり、
ポジティブな気持ちに置き換えようとして頭の体操をしたり、
自分に打ち勝とうと、イメージトレーニングしたり、
さまざまな対策を講ずると思います。

ここで注目してもらいたいことは、まだ現実にプレゼンがないことです。
1週間先のことなのです。

しかし、1週間先のまだ始まってもいないプレゼンに対して、破滅的な出来事をあたかも今ここで発生しているかのように反応しているのです。

頭の中では「破滅的な未来」が今ここで起きているかのように映し出され、その対処を考えているのですが、現実は「今、ここ」には破滅的な未来も何もありません。

 

このように、さまざまな対策を考えたとして、この1週間はその対策や悩みに時間を費やされ、
友だちとの楽しい時間を過ごしたり、ゆっくりと映画を見たり、読書をしたりという自分の時間を過ごすことができないのです。

思考や感情と戦い、頭の体操をし、コントロールしようともがいているときは、
このように自分がやりたいことができなくなってしまうのです。

場合によっては、不安や恐怖がもっともっと大きくなってしまうのです。

そうだっ!!

と、こんなことも突然ひらめいたりもします。

体調が悪くなればいいんだ
用事ができたと言えばいいんだ

などと、今度は断る口実を考え出すのです。

さて、もしここで嘘を言ったり、わざと用事を作ってプレゼンを断ったとしたらどうなりますか。

確かにその口実が受け入れられ、プレゼンをしなくなると、一時的にホッとするでしょう。

しかし、自己嫌悪に陥るのです。
さらに、人前で話すことがもっと怖くなるのです。
そして、人前で話すというスキルを磨くチャンスを失うのです。

人前で話す機会は、生活や人生においてもあなたが望まなくてもやってくるものです。
そのたびにこんなことを繰り返し、

ついには、

人前で話さなくてもやっていけるさ

と開き直りますが、実際は生活や人生の幅を小さくして硬直化してしまうのです。

もし、人前で話すことができるとしたらどうでしょうか。

たぶんできなかったことができるのですから、人から見たらちょっとしたことでも、
あなたにとっては人生を変える出来事になるかも知れません。

 

このたとえでは、人前で話す、ということを例にとりましたが、
これをあなたの「避けてきたこと」に置き換えてみるととても分かりやすいでしょう。

嫌な不快な思考や感情があると、私たちは

それらをなくしたらいい
コントロールしたらいい

と安易なことをやり続けてきましたが、
嫌で不快な思考や感情がなくなった試しがありません。

それは当たり前のことです。
自分の思考や感情の一部を買って「不快」と色分けして、そこだけを切り取ってなくしたり、修理したり、置き換えたりすることなんて、そもそもできないからです。

もし、それでもできるというならば、どうして「不快」な出来事に出会うたびに同じことをしているのですか、ということです。

これまでと同じことをし続けるならば、同じ結果しか得ることはできません

私たちは、思考や感情と戦ったり、コントロールしようとしたり、修理しようとしたり、取り去ろうとしたり、逃げ出したりという方法しか知らなかったのです。

だからこそ、同じことを繰り返すのです。

じゃあ、どうすればいいのですか?

という問いに対しては、答えはただ一つです。

これまでと全く違うことをする、ということです。

 

それは実に簡単なことで、
コントロールせず、戦わず、逃げ出さず、修理せず、置き換えず、取り去ろうともしない方法・・・

つまり、完全受容(アクセプタンス)することと思考は現実ではないと知ること(デ・フュージョン)

しかないのです。

そう言うと、こんな声が思考から囁かれるでしょう。

ただでさえ、嫌で「不快」なのに、そんなことしたらもっとひどい状態になる
そうなったら責任は誰が取るんだ
嫌なことから逃れたいのに、そんなもの受け入れるなんてバカげている
まだその時期ではないから、いつかは何とかなるんだ

これらこそ、アクセプタンスとデ・フュージョンがない状態を強める囁きなのです。

その証拠に、もし、これら思考の声を信じたら何が起こるでしょうか。
何も起こりはしません。

違った結果を得るために、違ったことをするという選択を放棄する思考の囁きを信じているだけなのです。

これまで苦しい状態の中でもがくことが続くだけなのです。
同じことを繰り返すという行為が続くだけなのです。

違ったことをするには勇気とリスクが必要です。
しかし、私たちの思考は、現状維持をあらゆる言い訳や理由づけで強固にします。

 

実は、変化の障害は

自己の思考のうちの「現状維持」

なのです。

私たちは、気がつくともっともらしい理由を考えついて、いつの間にかそれを信じて
変わらない自分、症状を持っている自分を大切にしてしまいます。

自分でさまざまなアクセプタンスを行っても、どうもしっくりこないというのは、
気づかないうちに、現状維持作用の障害にぶち当たっているからなのです。

現状維持を強力に推し進める思考を持ったまま、自分一人が何とかしようというのは
なかなか困難なことでもあります。

何せ、私たちは思考や感情と戦ったり、コントロールしたりというやり方しかやってこなかったのですから。
その真逆なことをやろうとすると、とても大きな自分の抵抗に出会い、現状維持を望んでしまうからです。

今回は「ブレーク・スイッチセミナー」を実施します。

これは、非常に短期間でアクセプタンスを行うものです。

本当は心理療法で用いるのですが、

長年繰り返し現れ、自己の生活や人生の障害となっている苦悩に対して

どのようにすればアクセプタンスできるのか
アクセプタンスするときの注意
実際のアクセプタンスの方法3種類の習得
結果的に身につく、思考・感情と自分との分離(デ・フュージョン)
思考の現状維持作用の見つけ方とそのすり抜け方

を実際に学びます。

生活でも人生でもとても役立つツールになるでしょう。

 

●『ブレーク・スイッチ セミナー』 短時間で苦悩を処理する

私たちのセラピーでいちばん活用されているもので、
とても多くの人から「魔法のように改善した」と好評を得ているものです。

汎用性があり、かなり強力な効果を持ちます。

詳細はここから → http://v-d-s.net/?page_id=6575
http://v-d-s.net/?page_id=6578

このセミナー実施に伴い、

「1日で習得する急速にネガティブな感情・症状を低減させるセラピー」

の料金を

60000円から30000円(テキスト込み)に引き下げました。
すでにテキストを購入している人は、10000円です。

テキストだけでも販売しています。

http://vds-store.com/

ただし、テキストで学ぶより、実際にどのようにするのかはセミナーで身につける方がお勧めです。

日時 平成27年3月22日 日曜日 14時から

この日以外にでも開催希望の方がいましたら、連絡してください。
日程調整をいたします。

———————————————————-

● 『自己変革のための死と再生セミナー スペシャル版』

自分を本当に変えてみたいと思う勇気のある人が参加してください

平成27年3月8日 日曜日 14時から開催します。
3月21日 土曜日 14時から開催します。

今回は、通常なら1週間後に行う「希望者に対する無料セミナー」を連続して行います。
約4時間半以上はかかります。

死を通じての自己に対する気づきは、とてつもないインパクトを感じます。
普段は見たくない、知りたくない死について、絶対に誰でも経験する死を丁寧に見ておくことは、
私たちがどのようにこれから生きていくかを知る上でとても大切なことかも知れません。

漫然と生き、生活してゆく私たちが、死という現実を目の当たりにして、自分自身の人生を振り返るとき、
今私たちが持っている価値観すら大きく揺らぐ衝撃を受けるでしょう。

このセミナーを受けた人は例外なく、今の自分がこれでいいのか、これから自分はどうしていったらいいのかという衝撃と感動と動揺を体験します。

それは、きっと確実に新しい生き方に直結するものでしょう。
参加費用をはるかに超えるものを手にすることは間違いないです。

詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=9841

この日以外にでも開催希望の方がいましたら、連絡してください。
日程調整をいたします。

チケット購入はSTOREからもできます。

http://v-d-s.net
http://vds-store.com

● 『心理的操作原論セミナー』

【値下げしました】 50000円→39800円

マインドコントロールとは、

自分が自由に選択したように思わせ、自分で行動したかのように信じさせる技術

です。

・ 洗脳と違って、暴力や強制、拘禁を伴いません。
・ 本人の価値観や信念が変容するため、「自らが考えたものと信じて」自発的に行動します。
・ これ自体では何の問題もなく、CMやセールスなどでは日常的です。

この定義を見ても分かるように、純粋に心理学の技術を応用すればできるものです。
身一つでできるので、道具なんていらないです。

その方法を公開いたします。

mixi日記から

『ある意味、私たちは「包丁」を売るようなものです。

それで人を傷つけることもできますし、すばらしい料理を作ることもできます。
それをどうするかは使う人の意志に関わることであります。
包丁が人を傷つける可能性があるからといって、包丁を売るな、とはいえないでしょう。

技術や道具はいつの時代でも中立なのです。

そして、このセミナーは人を操作するために、心理学のあらゆる技術の集めたようなものです。

知識として知るだけでも有益であるし、
実践すると、たぶんあなたは立派な教祖、占い師、霊能力者、カウンセラー、交渉人、カリスマなどになることができるでしょう。 』

【心理的操作原論 レベル1(理論編) セミナー】39800円

マインドコントロールの種類と理論、仕組みを学びます。

【心理的操作原論 レベル2(実践編) セミナー】39800円

マインドコントロールを実際にどのように使用するのかその手口を教えます。
実例をさまざまな要素に分解して教えます。

詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=10869

日時 平成27年3月15日 日曜日
レベル1 13時から17時
レベル2 17時から21時

この日以外にでも開催希望の方がいましたら、連絡してください。
日程調整をいたします。

チケット購入はSTOREからもできます。

http://vds-store.com

 

この記事を書いた人

ファウスト博士
ファウスト博士
心理学を日常生活や人生に徹底的に使うことにより、なりたい自分を手に入れ、心と人生を取り戻すことをサポートするV.d.s.

V.d.s.主任研究員