artworks-000069471304-r6jddh-original

私たちの研究の根底には
次世代の認知行動療法の一種で関係フレーム理論に基づいたやり方や、
ミルトン・エリクソンを源流とするブリーフセラピーをもとに、苦しみや悩みから抜け出し、
活き活きとした人生を歩むということをテーマとしています。

そのためにコア・スキル(中心的技法)としてマインドフルネスを利用しています。

どのようにして悩み苦しみから抜け出すのかを心理学の立場から一緒に学ぼうと、現在、新規会員を募集しています。

http://v-d-s.net/

● 『自己変革のための死と再生セミナー スペシャル版』

平成27年3月1日 日曜日 14時から開催します
3月8日 日曜日 14時から開催します

今回は、通常なら1週間後に行う「希望者に対する無料セミナー」を連続して行います。
約4時間半以上はかかります。

死を通じての自己に対する気づきは、とてつもないインパクトを感じます。
参加費用をはるかに超えるものを手にすることは間違いないです。

この日以外にでも開催希望の方がいましたら、連絡してください。
日程調整をいたします。

チケット購入はSTOREからもできます。

http://v-d-s.net/?page_id=9841
http://v-d-s.net
http://vds-store.com

● 新商品販売

2/28までの期間限定(期間を延長しました)で、私たちの活動を広く知ってもらうため、気になる
いろいろな商品をとても安く販売することにしました。
新商品も投入しています。

ここにしかない商品もあります

http://vds-store.com/

———————————————————-

今も昔も

自分探し

というものを私たちはよくします。

・いったい、「本当の」自分って何だろう
・「本当の」自分はどこにいるのだろう

悩んだときや自分自身のアイデンティティーに疑問を持ったときに、特にそう考えがちです。

でも不思議なことがあります。

自分を探している自分は誰なんだろうか、と。

この疑問には「探している自分」と「探されている自分」が存在することになります。

つまり、「自分が二人存在する」ことになります。

本当の自分とは「探される存在」なのか、自分の外に「本当の自分」が果たして存在するのか、と。

自分を探している間、外にありもしない自分を求め探し続けているだけなのではないのか、と。

そもそも「自分」つまり、「私」とは何なのでしょうか?

私は○○という名前です。
私は男性です。
私は××に住んでいて、今△△に勤め家庭を持っています。

などという「私」についての説明は、「私」の属性を表しているだけであって、「私そのもの」の説明ではありません。

名前は「私」ではないし、性別も「私」ではありません。
「私の説明」すら「私」でもありません。

そもそも「私」はどこにあるのでしょう。

「私」は体であるとするならば、体の一部が欠けた人は「私」が欠けた人ということになります。
「私」は意識であるとするならば、事故などで意識をなくしたりすると「私」でなくなることになります。

「私」はどこにあるのでしょうか。

私のカバン

と言うとき、「私」が所有するカバンを意味します。

では、

私の手

と言うとき、「私」が所有する手ということになります。

つまり、「私」は手ではないということです。

同じように「私の頭」「私の心臓」「私の心」などと表現するとき、頭や心臓、心などは「私」ではないことになります。

一体全体、「私」はどこにあるのでしょうか。

血管、筋肉、神経、内臓、細胞、原子などを調べても「私」というものはどこにもありません。

開き直って

「私」は私なんだ

と言ってみても、何の説明にもなりません。

説明できないのが「私」なんだ

と言ってみても、それは言葉を置き換えているだけなのです。

私たちはもっとも身近な存在である「私」について説明できないことに気がつくでしょう。
そうは言っても、泣き、笑い、絶望し、希望を持ち、愛し、憎むなどそれぞれの体験をする主体としての「私」はいます。

しかし、都合よく絶望や苦しみを切り取った「私」があることはないのです。
人生のあらゆる出来事、あらゆる感情を入れる容れ物としての「私」は現にここにあります。

その「私」について、何かヒントや気づきを得てみませんか。

 

「自己変革のための死と再生セミナー」では、誰もがいつかは体験する「死」というものをモチーフに、
とてつもなく強力な気づきを得る内容となっています。

私たちの心理学の粋を集めた内容となっています。

・悩んでどうしようもない
・人間関係の中でいつもつらくなっている
・本当の自分とは何かを理解したい
・自分の歴史を丹念に見てみたい
・自分が社会や人との関わりの中で何をやってきているのかを知りたい
・人生の目的を自分なりに発見したい

こういう人の参考となるでしょう。
参考になって、そして自分が本来やってみたいことに邁進できるきっかけになることは間違いないのです。

私たちは「答え」を持っていません。

答えは、それぞれがセミナーの中で発見するのです。

———————————————————-

● 『自己変革のための死と再生セミナー スペシャル版』

平成27年3月1日 日曜日 14時から開催します
3月8日 日曜日 14時から開催します

今回は、通常なら1週間後に行う「希望者に対する無料セミナー」を連続して行います。
約4時間半以上はかかります。

死を通じての自己に対する気づきは、とてつもないインパクトを感じます。
参加費用をはるかに超えるものを手にすることは間違いないです。

この日以外にでも開催希望の方がいましたら、連絡してください。
日程調整をいたします。

チケット購入はSTOREからもできます。

http://v-d-s.net/?page_id=9841
http://v-d-s.net
http://vds-store.com

——————————————————

その他、オンラインストアでしか購入していただくことができない
限定品、限定価格の商品もあります。

ぜひ、V.d.s.オンラインストアをチェックしてみてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

~~ V.d.s.オンラインストア ~~

https://vds.stores.jp/

私たちについてはこのページをご覧ください→ http://v-d-s.net

この記事を書いた人

ファウスト博士
ファウスト博士
心理学を日常生活や人生に徹底的に使うことにより、なりたい自分を手に入れ、心と人生を取り戻すことをサポートするV.d.s.

V.d.s.主任研究員